ひょんな事から知り再びチャレンジする

悩みは尽きないね。年齢は勝手に重なるものだから、どんどん新しい悩みが発生。解決を期待して注文完了。

日本酒や米ぬか由来は前から興味あり、だけど匂いが好きになれなかったんだ。一度試して効果はすごく高いと思ったのに残念、諦める他無し。

あれから二年が経過、ひょんな事から知り、無香料で匂いが無いところが決め手だった。あれさえ解決出来れば、大満足の結果が得られると、すでに体験済み。

届いたアイテムを早々使い始めよう。肝心のポイントを再確認、ビビリながらも鼻を近づけていく。うんバッチリ、嫌な香りはゼロ。

しかも希少な成分パワーか、すっごく潤うじゃん。前に試して良かったやつがカスだと感じるほど。

ハリもビックリだよ、リフトアップしちゃってる。たしかに嫌な匂いは全然感じないね。私の印象では全部が高水準、アンチエイジングにピッタリと言える。

インスタントや丼ものばかりは駄目

はぁ…最近、自分の髪が凄く細い気がする。「嘘ぉ?全然そんな事ねーよ。最強パーフェクトボリューム!」

有難う。言ってる事がさっぱり。そして自分自身、心当たりが….。「え?原因分るの?教えて、すっごく気になる。ワクワク!」

そこまで面白い話じゃないわよ?困った、大した話でもねーのに、滅茶苦茶期待する相手。本当に辛過ぎ.。

「けど、私も知っとるよ」え、何を?「確かお食事で改善可能」そーゆー事も可能なわけか、具体的にどうすれば?

「…忘れた」ちょ、肝心な所を。「インスタント食品や、丼ものばかりは駄目!魚や卵、大豆は沢山食べろ!」マジ?うぅ、日々カップ麺だわ。

「それじゃ髪が細いのも当然」そうなん?「ビタミンやミネラル他、色々栄養が沢山あるものを摂りましょう」全然今まで気にせず、価格だけ気にしてたわ。

「駄目!ちゃーんと栄養素を考え、摂取!」一人暮らしにゃ、結構過酷だわ。頑張ろう。

デパートに行くと同じ匂い

化粧ノリがずいぶん悪くなったわね。ファンデはヒビ割れ、原因はやっぱり乾燥かしら。カサカサしてれば、馴染まないのは当然。

友人から勧められ、試そうと思う。すでに使ってるから感想を詳しく聞こう。ランチに誘い、ちょっと時間を作る。

ねぇ、こないだチラッと勧めてきた感想を聞きたいんだけど。いいわよ、まず一番は香りね。これぞ化粧品の香りが漂うよ、デパートに行くと同じ匂いよ。

あー分かった、たぶんアレだろうと想像つくよ。まずそこはクリア?大丈夫、意外と好きだから。基本的に無添加で、全て優しい感触よ。さすがに商品名が表す通りの作りなわけ。

保湿に関して過剰と言えるほど強力。乾燥が極度であれば、ベタつきもあまり気にならないと思う。

以上、これで終わりだけど、トライアルセットを買えばクレンジングからクリームまで4点試せるよ。

注文決定、思い切り保湿をお願い!多少のベタつきは気にしません。

何も知らないとは怖い事だと痛感

実は30歳を過ぎ、吹き出物が顔にポツポツ出来てずっと悩みの種に。

もともと肌は丈夫な方で、今までこれといったトラブルも無かっただけに、どう対処していいか分からず。

取りあえず、さっぱりとしたニキビ対策用のスキンケアを使っていたんですが、ひどくなる一方・・。

色々調べてみたら、肌が乾燥して水分が無くなり、そのためバランスが崩れ、吹き出物が出来ていたようなのです。

そこで潤いを与えてくれるやつに変えたところ、皮脂量が減り、吹き出物が出なくなってきました。

通常のニキビ対策では、逆に乾燥を速めちゃいそうでビックリ。何も知らないとは怖い事だと痛感。

バリア機能化粧品のお陰で、テカリがちだったTゾーンも落ち着きを取り戻し、前は欠かせなかった脂取り紙が不要に。

オイリー肌だけが、皮脂が多いというわけでは無いという事。同じようにインナードライの方は、優しくケアされる事をおススメします。

バリエーション出し過ぎたんじゃないか

原点回帰特集。高校生時代、コスメマニアの友達から聞いてた「ヴァセリンは、大多数化粧品の原材料で使われてる説」。

当時「お財布に優しい」が、何より重要ポイント。最近まで忘れてたけど、改めて見直し中。確かに、使い道たくさん!唇・カラダ乾燥対策。コレ基本。

今、リップクリーム&指先中心に、絶賛使用中。化粧水後が最適。ポイントは湿らせる事。直接じゃなく、手のひらで一旦広げると、良いらしい。

なるほど。ニキビ応急処置、意外!何とバッグや靴等、革製品ツヤ出しにも?ちょっとー、万能過ぎじゃん?衣類に付いてしまった、メイク汚れも落ちるそう。

なーんかアレコレ、バリエーション出し過ぎたんじゃない?この位シンプルに、一個で色々出来る方が、みんな幸せじゃーん。

もしかしたら私のお陰かも

周りがどんどん結婚して子供を産んでる中、未だに仕事ばかりをしている現実。でも、堂々と出席してやろうじゃない。同窓会に。

同情なんてされてたまるか!強い味方だってある。でもここは、独り身の特権を固持する必要はあるかも。

自分のお金で、高級な服・靴・バックも買えて、生活も不自由してないのに、子供がいない分、若いって事を強調しなくちゃね。

思いっきり気合いを入れて、いざ出発。緊張して受付を済ますと、「里香!久しぶり!」って声。誰だか直ぐに分かった。

懐かしさで、振り向くと同時に抱きついちゃった。「この前出産したばかりなのに、よく来れたわね!」親友の優に会えるなんて、来て良かった。「これのお陰かな?」

「プラセンタ飲んでるのね。あげて良かったわ。」「うん。出産祝いにビックリしたけどね。試してみて分かった!最高のプレゼント、ありがとう!」

彼女が美しさを保てているのが、もしかしたら私のお陰かも?って思うだけで、プチ優越感。変なプライドは捨てて、イッパイ楽しんで帰ろう。